ワクチン接種後にご注意いただきたいこと

  • 1. 接種後30分間は、注意深い観察が必要です。医師とすぐ連絡がとれるところにいましょう。
  • 2. 接種後に発熱や接種部位の腫れを認めることがあります。腫れが目立つときや発熱が続くときなどは、接種をおこなった医療機関にご相談ください。
  • 3. このワクチンの接種後、違う種類のワクチンを接種する場合には、接種間隔の制限はありません。このワクチンは他のワクチンとの同時接種が可能ですので、同時接種を希望する場合には、医師にご相談ください。
  • 4. 接種部位は清潔に保ちましょう。入浴は問題ありませんが、接種部位をこすることはやめましょう。
  • 5. 接種当日は激しい運動はさけてください。その他はいつも通りの生活で結構です。

その他、ご心配な点がございましたら、医師にご相談ください。

監修:千葉大学真菌医学研究センター 
感染症制御分野 教授 石和田 稔彦 先生

関連サイト