予防接種・ワクチンの基礎知識

子どもの健康とワクチンに関する基礎知識
生ワクチンと不活化ワクチン

生ワクチンは、生きた細菌やウイルスの毒性を弱めたものを接種することによって、その病気にかかった場合と同じように抵抗力[免疫]をつけようとするものです。一方、不活化ワクチンは、細菌やウイルスを殺して毒性をなくし、抵抗力[免疫]をつけるのに必要な成分を取り出してワクチン化したものです。

生ワクチン接種後は、毒性を弱められた細菌やウイルスが体内で増殖して免疫を高めていくので、接種の回数は少なくて済みますが、十分な免疫ができるまで約1か月ほどかかります。一方、不活化ワクチンは、体内で細菌やウイルスは増殖しないため、十分な抵抗力[免疫]をつけるために複数回の接種が必要です。一定の間隔で2~3回接種して最小限必要な抵抗力[免疫]をつけたあと、約1年後に追加接種をして十分な抵抗力[免疫]をつける、というのが一般的です。

日本の子どもが接種する主な生ワクチンは、BCG、麻疹・風疹混合[MR]、みずぼうそう、おたふくかぜワクチンです。四種混合[DPT・IPV]、小児用肺炎球菌、ヒブ、日本脳炎、B型肝炎、インフルエンザ、子宮頸がんワクチンは、不活化ワクチンです。

生ワクチンは、毒性を弱めたといっても細菌やウイルスをそのまま接種することから、接種によって本当にその病気になってしまうのではないかと心配される方がいますが、軽い症状が現れることはまれにあっても、接種が原因で重大な病気にかかるということはほとんどありません。不活化ワクチンではこのような心配はありません。

監修:川崎医科大学小児科 中野貴司先生

新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

補助的追加接種とは?

入園後にもワクチンチェックを!